警察官に強い専門学校はどこ?

MENU

警察官試験に強い専門学校はどこ?

国の平和や社会の安全と秩序の維持を図るために警察官の存在は重要で、やりがいの大きい仕事としています。そこで警察官試験対策に強い専門学校の口コミ&評判が気になるところでもあります。体力に自信がある人もない人も、強い志を持つことで警察官合格、内定も期待できるとしています。

 

ここでは警察官に強い専門学校、予備校を紹介していますので、今後の受験対策の比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

警察官試験は独学でも可能?

 

公務員のなかでも警察官は難易度が低いとされています。しかし昨今では公務員人気とし、また偏差値もそれ程必要としないため受験する人が増えているのが現状としています。そのため倍率は高く、競争率は激しくなっています。

 

そこで以前では独学による合格者は高校生現役や、フリーター、社会人なども多く存在していましたが、高倍率に従って減少しており、専門学校、予備校での試験対策としている人が優位としているようです。また試験科目は広範囲としていますので、難易度が低いとしても全て理解するには時間もかかり受験するまでには困難としています。

 

警察官受験に特化しているスクールでは重要ポイントやこれまでの経験実績のノウハウにより、必要な知識だけを効率よく短期間で学習することができるとしています。早くに警察官合格とし、最前線で働きたいとするならやはり専門学校、予備校を利用することをおすすめします。

 

警察官に強い専門学校はココが凄い!

 

専門課程の大原では警察官専門のコースがあり、トレーニング実習で体力をつけ2次試験の体力検査対策も充実しています。高卒、大卒レベルの試験対策として警察官A・B、警視庁、警察官Ⅰ類・Ⅲ類の合格を目指すことができます。1,2年制コースを選択することができ、担任講師は警察官として活躍する姿を思い描きながら、試験対策や面接トレーニングなど全力でサポートしてくれます。

 

公務員専門としても知名度の高い立志社(東京IT)では警察官コースがあり、教養試験や適性試験の対策をゼミ学習で行っており、マシントレーニング演習で体力強化も行います。そしてゼミ学習やキャンパス行事などを通じて、市民と密接な関わりを持ちながらの仕事となるため公に奉仕する気持ちや協調性も必要とし自然に身につけることができます。

 

また試験終了後にはパソコン演習や、ビジネスマナーなどの社会人として必要な一般常識も習得することが期待できます。各道府県警察官、警視庁警察官Ⅰ・Ⅲ類の合格者を多数輩出しています。

 

そしてキャリア警察を目指すのであれば国家総合職の合格実績が多数としているWセミナーがおすすめとなっています。超難関としていますが警察庁に入庁することができれば国の警察組織の中心とし自らの手で政策を実行することが期待できます。