夜間講座はあるの?

MENU

公務員の夜間講座はあるの?

日中アルバイトしている方や社会人として働いている方のなかには公務員を目指す人も少なくないようです。そこで全日制で、受験対策として学べる人に比べてかなりのハンディとしていることは確かでもあります。しかし大手公務員予備校や専門学校では、その様な方を対象とした夜間講座を実施しているところが複数あり、そして実際に合格、内定、採用とし公務員転職とする人もいます。

 

ここでは夜間講座の公務員専門学校、予備校の口コミ&評判、比較として特徴など紹介していますので、今後のスクール選択の参考としてご覧くださいね!特に社会人、フリーターの方はもちろん高卒、大学生の方も必見となっていますよ!

 

大原の公務員総合夜間コース

 

設置校:大阪校・大阪難波校・京都校・和歌山校 1年制男女共学

 

大原の夜間コースの特徴として、夕刻以降の時間帯の中で、凝縮した密度の高いカリキュラムを組み短期集中型のカリキュラムで実践的な力を身につけることができます。主に問題演習を中心に授業を進めていきますが、面接試験対策として模擬面接を実施し次試験対策も万全にしていきます。また時間のある人は、昼間は自習室で自分のペースで勉強することもでき学習場所も確保することができます。

 

時間を無駄なく有効利用することができ、夕方の17:30から授業が開始され20:30に終了、21:30までは面接対策、個別質問などが行われます。その後帰宅としたスケージュルとしていますので、仕事をしながら、アルバイトしながら公務員転職を目指すこともできます。

 

また大原ではトレーニング設備も充実していますので警察官、消防官、自衛官の体力試験も万全とすることができるのも魅力の一つとしています。そして働きながら学べる制度公務員公安系コースもあり、夜間コースと同様に夕刻からの授業開始としています。生徒の自立を促し働くことの意義を学ぶことができると共に、保護者の経済的負担が軽減できる制度として実際に多数の合格者を輩出しています。

 

東京アカデミーの夜間土日コースが人気?

 

開校校舎:お茶の水校・池袋校・東京校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校

 

全日制の他に夜間・土日コースがあり授業時間、コマ数はもちろん短縮されていますが、公務員試験対策として合格を目指すことができます。特に昼間、働いている方においては、平日夜間及び土曜日の昼間に通学する夜土部、土日の昼間にのみの通学とする土日部があります。そして現役大学生のライフスタイルに合わせた現役生部も夜間または土日に通学するコースもあります。

 

全職種コース、国家一般職・地方上級コース、教養対策・消防コースがあり1次試験対策はもちろん面接対策においても個別の志望先に対応した対策を実施しています。全日制よりも夜間部の学費は安くなるためあえて、東京アカデミーの夜間講座で合格を目指す人もいます。口コミ&評判では自習室が朝から夜まで使えることもでき、いつでも相談にのってくれたなどとした体験談もきかれます。

 

そして大手人気公務員予備校としているTAC、LEC東京リーガルマインドでも夜間講座を実施していますので、注目しておきたいスクールとしています。